inakagurashi.labo

田舎暮らし 信州 移住 Iターン リノベーション リフォーム DIY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トイレ表示設置 COLT(VACANT/OCCUPIED)

トイレに在室確認表示を設置しました(妻から設置させられました)。
飛行機のトイレや海外などでしばしば見かけるカッコいいアレです。

COLTと書いてある、多分タイ製?もちろん説明書は無し
28051501.jpg

取付前の状態です
2805150202.jpg

この家(かなりの中古)を購入時、昔ながらの茶色い扉にスチール色のドアノブだったものを
扉を白く塗り、真鍮のドアノブに交換したのでした。

そして、内側にはこういう単純なカギをつけかえて使っていました
20151503.jpg

さて、パーツの裏側はこうなっています、とても単純なしくみ
28051504.jpg

上記、矢印型のパーツ、これの長さが扉の厚みと合わないと
パーツが浮いて設置できません。グラインダーで切断して調整しました。

こういうふうに浮いてしまうので、加工が必要というわけ
28051505.jpg

なかなか良い感じ、VACANT
28051506.jpg

内側でカギをしめると、OCCUPIED
28051507.jpg

内側はこんな感じになりました
28052508.jpg

〈使用した道具〉
ドリル、ノミ、ハンマー、グラインダー

そのうち壊れるかもしれませんので、販売されているうちに、もうひとつ予備として購入しておくべきか。
本当は、ドアノブと表示のセンターが合うように設置したかったですが
デッドボルトの長さが足りず、木枠(木製サッシ側)の加工は手間がかかりそうだったので
少し外側にオフセットした位置への設置となりました。

同じようなことをDIYでやろうかなと思っている方の参考になればと思います。


スポンサーサイト
  1. 2016/05/15(日) 15:43:34|
  2. リフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無印良品洗濯機 M-WD85A また修理

気に入って長年使用している無印良品の洗濯機。
2013年6月、水が漏れて自分で修理した。
そのことはココに書いた。
あれから2年半、また水が漏るようになった。

洗濯機下の作業スペースを観てほしい、アタマひとつも入らない
washinmachine00

なんとかのぞきこむと
2015111402.jpg

前回、スポンジを貼ったはずの鉄板がむき出しになっていた。
見えないので手をまわしてみると、フレームのエッジでこすられてパイプが避けている。
振動でパイプがスチールのフレームと干渉…って前回も書いたけど。
個人的には、随分おかしな作りだと思う。
今回はスポンジではなく、ちょっと硬めのゴムパッキンをフレームのエッジにかぶせることにした。

接着だけでは弱いので、パッキンをくくりつける穴をフレームにあける
2015111403.jpg

パッキンは、インシュロックでフレームにくくりつけることができた
2015111405.jpg

テープ状コーク(上の写真の白いやつ)をグイグイとジャバラに押し付けてホースの裂け目を埋める。
その上から自己融着テープ(上の写真の黒いやつ)をひっぱりながら巻いた。

干渉する部分にビニールテープ(グレー)を巻いて修理完了(応急処置)
2015111407.jpg

試運転をしたところ水漏れは無く、ひとまず成功。
避けたホースごと交換したかったけど、作業スペースが無く辛いので応急処置ということで。
またダメになった時には、外に洗濯機を持ちだし、高い位置に置いて、下にもぐろうと思う。

フロントパネルも錆びてきているので、来年はそれを直したい。

きっとまた、知らない人から同じ洗濯機の修理について、相談メールが届くだろう…
  1. 2015/11/15(日) 00:07:23|
  2. モノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Hawaiiへの旅 1-2日目

久しぶりのブログの更新で書き方を忘れてしまった。

つい一週間前、ワイキキのパラソルの下で寝転がっていたというのに
帰国してすぐ、煙突掃除、薪を炊いた。なんとも不思議な感じだ。

母が我々夫婦を招待してくれた、ハワイへ来なさいと。
ぎりぎりまで働いて、セントレアから夜の便で飛び立った。
飛行機では眠れなかったが、ホノルルに降りると
異国情緒と穏やかな気候のおかげで気持ち良かった。

母に案内してもらい、ランチは近所のタイ料理を食べに。
トロリーに揺られ、アラモアナをブラブラした。
夕食はロイヤルハワイアンセンターのベトナム料理屋へ。
フードコートの一角にある店なので、そんなに期待はしていなかったが
ここで食べた、オックステールスープがとても美味しかった。
スパイスが効いていて、クアラルンプールで食べた肉骨茶(バクテー)と似ていた。
この日は腹ごしらえを済ますと、時差ぼけのせいもあり、くたくただったので良く眠った。

二日目はとっておきのサンデーブランチへ連れていってもらった。
生演奏の中、バイキングはどれもこれも美味しく、楽しい時間を過ごした。
僕と母のシャンパンチケットは妻に捧げ、3人分のシャンパンを飲んだ妻も満足げだった…。

食後にワイケレプレミアムアウトレットへ行った、アウトレット内を周回するバス
waikele01.jpg

気に入ったデザインのSkechersの靴を見つけたので購入。
長野へ引っ越してから、皮靴のソールの減りが早い。
オフはスニーカーの方がいいだろうと常々考えていたけれど
気に入ったものが中々見つからなかったので、良い買い物ができた。

ハワイのあちこちで見かけたダブという鳥、ポポポーとかわいい声で鳴く
waikele02.jpg

なんとコレらしい、この鳥。全く知らなかった!
dove.jpg

昔はこの鳥からDoveの石鹸がつくられていたというのはもちろん冗談だろうけれど。

「美味しいよ、このパン、食べてごらん?」
「その緑色のあんはウグイスをすりつぶして作ったんだぜ?」
泣きそうになってうぐいすパンを投げ捨てた子供を思い出した。

ダブに限らず、ハワイに居た鳥は人が近づいても、なぜだかあまり逃げなかった。

夜も買い物、せっかくだからカタカナはやめればいいのに Don Quijote
donqui.jpg

コンドミニアムから見える夜景が綺麗だった
night.jpg

夕食は夜景を見て、話しをしながら母のつくってくれたサンドイッチを三人で食べた。
僕はぼんやりと夜景を眺めながら、同じサンドイッチを食べた子供の頃を懐かしく思い浮かべた。
  1. 2014/11/21(金) 00:41:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

水族館にて

知人夫婦宅へ遊びにいかせてもらい、楽しいひとときを過ごした。
翌日は、一緒に近場の八景島シーパラダイスへ行きましょうという話しに。
学生時代にサークルの友人達と行ったことがあった。
つまり二十数年ぶりということになる。

海の生き物は全体的にやる気がないように見える
azarashi.jpg


マンボウはきっと油だらけで美味しくなさそうだ
manbo.jpg


かわいい白イルカに妻がさわっていた、イルカは声を出して笑っていた
iruka02.jpg


ペンギンがペンギンを蹴っ飛ばして氷の下に落とし、アザラシが居ないか確かめるという人柱的な
酷い話しを真田広之が桜井幸子に熱く語っていたのを思い出した
penguin.jpg


グランブルー(Le Grand Bleu)の世界のようだった。
ジャックマイヨールみたいに自在に潜水できたら、どんなにか楽しいことだろう。
iruka.jpg

トンネルの中から上を泳ぐ魚を見上げることができたり、視覚的工夫が素晴らしかった。
あたかも海の底に居るような気分を味わえる。

ひさびさの水族館でとても癒された。
イルカに乗る有料オプションを予約して、次回は妻をイルカにのせてみたい。

  1. 2014/07/03(木) 22:11:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

5月 筍と畑の話し

筍が穫れた。僕が掘ったのは6つ、殆ど伯父さんが掘ってくれた
takenoko01.jpg

翌日、伯父さんはそこらへんに転がっている石で釜を組み、落ちている木を炊いて
さっさと筍を糠で煮て完璧な下ごしらえをしてくれたのだった。僕が会社へ行っている間に。
takenoko02.jpg

おかげで会社から帰ってくると、柔らかい筍が食卓に並んだ。美味しくて毎年食べたいと思った。
takenoko03.jpg

昨年植えたニラも完全に復活
nira.jpg

きゅうりやトマトの苗も植えた
kyuri018.jpg

松本一本ネギも食べ頃になった
negi01.jpg

ウサオのう◯このおかげで、葉がたくさん出て来た林檎の木
ringo.jpg

伯父さんは埼玉から、都度、こちらへ来て、畑や庭木のことなど諸々、面倒をみてくれる。
元はといえば、地震の時に伯父さんも僕らもこちらへ避難してきたのがきっかけだった。
そして僕らは引っ越してきた。
地震が無ければ、ここで伯父さんから畑を教わるなんてことは無かっただろう。
何がきっかけでどうなるのか世の中わからないものである。
今となっては、結果として良かったのだ、少なくとも僕にとっては。

子供の頃から世話になりっぱなしで、未だに世話になりっぱなし。
じくじたる思いである。
お世話になっている人々には恩返しできるまで、長生きして欲しい。

伯父さんには、90歳位になっても僕がクルマでここへ連れてきて筍を炊いてもらうつもりだ。

  1. 2014/06/09(月) 22:58:37|
  2. 庭とか畑とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。